トップページへ     ミニ知識・トップ

 ミネラルウォーター

日本の品質表示ガイドライン
   1990年に農林水産省が出した
「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」では
                             以下の四つに分類されています
  
 (1) 
ナチュラルウォーター
     特定の水源より採水された地下水に、
       沈殿・過熱や、ろ過殺菌を行ったもの

 (2) 
ナチュラルミネラルウォーター
     特定の水源より採水された地下水の内、地下でミネラルが自然に解け出たもの
       沈殿・過熱や、ろ過殺菌を行ったもの

 (3) 
ミネラルウォーター
     特定の水源より採水された地下水に複数のミネラル水を混ぜ合わせたり人工的にミネラルを加えたもの
        沈殿・過熱や、ろ過殺菌を行ったもの

 (4) 
ボトルドウォーター
     上記以外の飲用に適した水。純水・蒸留水・河川の表流水・水道水などを水源としたもの
        処理方法の限定はない

   * 水道水は塩素のにおいが気になると言ってミネラルウォーターを利用している方、
      水道水をビン詰めにしたものを利用していませんか? ラベル表示にご注意を!!


ヨーロッパのミネラルウォーター基準

 
フランスをはじめとするヨーロッパでは水の基準以前の問題として、
     
水源周囲の自然環境を厳しく管理している。
   
ミネラルウオーター そのものに対しても厳しい基準がある。

   (1) 
ナチュラルミネラルウォーター
        ・殺菌処理は一切行っては、いけない

        ・公的機関の審査と承認が必要  (政府の保護・監督下にある水源もある)

        ・人体の健康に有益なミネラル分を一定量保持し同時に ミネラルバランスが良い

            (飲み続けることにより健康に良いことが科学的・医学的に証明されていること)

        ・採水地周辺の環境保全が管理・保護されている

        ・地下の水源から空気に触れることなくボトリングされている

        ・添加物を加えていない

   (2) 
スプリングウォーター
        一定の水源から採水し、添加物を加えてはいけない

   (3) 
プロセスドウォーター
        ろ過や熱処理・ミネラルの添加などを行った加工水

 

 
フランスをはじめとするヨーロッパでは水の基準以前の問題として、
   
「水源周囲の自然環境を厳しく管理している」




  
ミネラルウオーター そのものに対しても厳しい基準がある。
   ・ 日本と違い、殺菌・熱処理を行わない。
   ・ くみ上げた水を空気に触れないでボトリングする。
   ・ 自然がくれた恵みの水には、一切の手を加えない

  
 
ヨーロッパの水源がある地方は、環境を守るために源泉があらゆる汚染から保護されています。

   ・熱処理殺菌を必要としないため、ボトルへ熱がかかりません。
     その事が材質の厚みを薄くして潰しやすくする事を可能にしています。
    
 「ラベルも紙で、剥がしやすいなど分別収集がしやすく、リサイクルしやすくなっています。」
        エビアン・ヴィッテル・ボルビックなどの容器はヤワラカく、ラベルは紙です 


 
 美味しいミネラルと美味しくない(?)ミネラルウォーター
        飲みやすさと利用方法は硬度とミネラルバランスが目安
   
  硬度1500mgを越す 「コントレックス」は、大変に重たく?感じます!

  
硬度 とは 1000ml(1L) 中の 「カルシウム」と「マグネシウム」の含有量を、数値で表したもの   

           
硬度 = (カルシウム量×2.5) + (マグネシウム量×4)   

 「硬水」と「軟水」は、水の中に含まれるミネラルのうち「カルシウム」と「マグネシウム」の量で決まる 
= 硬度

                
 石鹸との反応具合を表したものでもあります。
                   硬度が高いほど泡立ち具合が悪くなる。 

 目安となる分類 
        (硬度)    
  用 途   商品名  
 軟水
     〜100
 日本酒 コーヒー
 和風だし 炊飯
   *水道水 30〜60
 南アルプス天然水
 ボルビック (
 六甲のおいしい水
 中硬水
   100〜300
 洋風スープ 鍋物
 ウイスキー水割り
 バルヴェール
 エビアン
 硬水
   300〜
 スポーツ後のミネラル補給
 ダイエット 便秘解消
 ヴィッテル
 コントレックス

       * 簡単用途目安・・・日本の料理には日本の水  洋風料理にはヨーロッパの水
   
日本の水は、軟水が多く、
   ヨーロッパの水は、石灰岩層を通るため石灰のミネラルが多く溶け出すので 硬水が多い。


                    各種、ミネラルウォーターの商品説明

ミネラルウォーター 100ml当たりの成分 (単位 mg)
    
  ヴィッテル

 エビアン
 
 ボルビック

南アルプスの
 天然水
ハウス
六甲の水
 カルシウム  9.10 7.80 0.99 0.97 2.51
 マグネシウム  1.99 2.40 0.61 0.14 0.52
 カリウム  0.49 0.57 0.57 0.28 0.04
 ナトリウム  0.73 0.94 0.94 0.49 1.69
 サルフェート  10.50 1.00 0.69     
 ph(アルカリ度)  7.3 7.2 7.0 7.1 7.4
 硬 度 307.1
 硬水
291.0
 中硬水
49.2
 軟水
29.9
 軟水
83.6
 軟水

  * すべての製品とも カロリー 脂質 糖質 は、ゼロです

ミネラルって何?
 
鉱物質の中に含まれる栄養素のこと
 五大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル)のひとつで
  必要量は、微量だが生命を維持するために欠かせない栄養素


ミネラルのはたらき

 1 丈夫な歯や骨をつくる
 2 神経や筋肉に情報を伝え、体を動かす
 3 緊張や興奮を緩和し、イライラを解消
 4 体内の運搬に不可欠
 5 細包内の余分なナトリウムを排出し、血圧を正常化

ミネラルが不足すると・・
 1 だるく 疲れやすくなる
 2 イライラし、精神状態が不安定に
 3 免疫力の低下
 4 味覚障害の誘発
 5 貧血 等

 
ミネラルとは、体内の生理作用に大切な要素です。歯や骨をつくるカルシウム、筋肉や神経の
 働きを調整するマグネシウム、体液を調整するナトリウムやカリウム、体組織を形成する際に重要な
 役割を果たすサルフェートなどそれぞれが生命維持に欠かせない役割を果たしています。

 主なミネラル成分   主な はたらき
 カルシウム
  丈夫な歯や骨をつくる
  心臓の動きや血液の状態を正常化
  高血圧や動脈効果を予防
  緊張や興奮を緩和

 
 マグネシウム
  筋肉の収縮を円滑にして、筋肉痛を緩和
  精神のイライラを和らげ、安定した精神状態をキープ

 
 カリウム
  細包内の余分なナトリウムを排出し、血圧を正常化
  心臓の動きを正常化

 
 ナトリウム   体液を調整する     
 サルフェート  
  体組織を形成する際に重要な役割を果たす
   毛髪・軟骨・動脈・静脈・歯等の形成にかかせない

  

 
 ミネラルウォーターは、イオンの状態で溶け込んでいるので、カラダに必要な栄養素がスムーズに吸収できる。
 
 人間の身体の60%は水分です。一日に必要な水の量は、成人男子の場合、2300mlといわれています。
 人間の身体に絶対に欠かすことのできない水分補給、
   飲用としての補給にはミネラルが多く含まれていて、おいしく飲める水がお勧めです。

  成 分        味わいの特徴
 ナトリウム  塩化ナトリウムは、塩辛さ
 硫酸ナトリウムは、渋み
 カルシウム  キリッとしたのど越しの良さ
   量が多いと重いような 粉っぽいような感じがする
 マグネシウム  多いと苦味が出て飲みにくい
 カリウム  味を引き締める

フランス(ヨーロッパ)のミネラルウォーター

 ヨーロッパの水源がある地方は、環境を守るために源泉があらゆる汚染から保護され、

  熱処理殺菌を必要としないため、ボトルへ熱がかかりません。その事が材質の厚みを薄くして潰しやすくする事を可能にしています。

  ラベルも剥がしやすいなど分別収集がしやすく、リサイクルしやすくなっています。

    フランスのボトルのカバーは、紙で出来ています。

日本とヨーロッパのミネラル基準の違い

 
日本の場合は、すべて殺菌(沈殿・加熱・ろ過)をしなければいけない。
 
ヨーロッパ「ナチュラルミネラルウォーター」の場合は、殺菌をしてはいけない

「水(自然)」に対する考え方の違い


  
ヨーロッパでは、元来 鉱泉水はクスリとして飲まれていた
    沈殿・過熱・ろ過殺菌をすると、貴重なミネラルが失われるため
  徹底した自然環境保護 
    政府・企業が水源周辺の自然環境を厳しく管理している
    日本でもサントリーは水源を自社所有し自然環境を保護している

  
日本の場合、自然に恵まれていて「飲用の水」が豊富にあるため、特別な規制など無かった
     日本名水100選などを見ると、日本中に名水がある
     「水と安全は、タダ。」 最近ではどちらも「お金」がかかるようになった。
  日本では「ミネラルウォーター」は、ジュースの延長線上にある感じがする